消費者金融で即日キャッシング最適サービス

消費者金融は、急な出費や短期借入に最適な即日対応キャッシングです。規模の大きさによってサービスや特徴が異なる消費者金融の賢い利用法を伝授します。

無利息の消費者金融キャレントは何度もお得!

30日間無利息!ネットキャッシングのキャレント

無利息サービスを利用することで、その分金利なしで、通常よりかなりお得にキャッシングを利用することが可能です。
キャレントでは、30日間無利息サービスが、何度も利用可能という、他の消費者金融にはない最強の独自サービスを持つキャッシングです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
消費者金融最大手のプロミスは9日に、神内博喜社長(55)が代表権のない会長に退き、筆頭株主である三井住友銀行出身の久保健副社長(55)が社長に昇格する人事を発表しました。

ここのところプロミスは、過払い利息の返還請求が膨らんだことで経営が悪化し、2009年3月期連結決算で1251億円の最終赤字に転落しました。

創業一族に代わって三井住友銀行出身者を社長に迎えることで、同行との連携体制を鮮明にして経営立て直しを急ぐ模様です。

次期社長に内定した久保氏は東京・日本橋兜町の東京証券取引所で会見し、「経営は未曾有の危機といってもいい状況。三井住友銀行とさらなる関係構築に努め、新しいプロミスを作っていきたい」と、銀行との連携による再建を強調しています。

プロミスの経営が悪化したきっかけには、消費者金融業界をめぐるグレーゾーン金利問題が根底にあります。
利息制限法と出資法で定められた上限金利の中間にあるグレーゾーンが撤廃されたことで、過去に支払った利息の返還を求める利用者の請求額が膨らみ、各社は引当金の大幅な積み増しを迫られました。

さらに、来年2010年6月に完全施行される改正貸金業法が追い打ちをかけ、上限金利の引き下げや利用者の借入金総額を3分の1に制限する総量規制の導入を控え、融資審査を厳格化した結果、各社とも成約率が軒並み落ち込んだのも原因です。

消費者金融大手のアイフルも先月9月に、私的整理の一種である「事業再生ADR(裁判外紛争処理手続き)」の活用を決めた。取引先金融機関に債務返済猶予を求め、有人店舗を3分の1に減らすなど大掛かりなリストラに着手したばかりです。

プロミスが社長交代に踏み切った背景には、アイフルの私的整理で業界の先行き不安が高まったことも大きく、今後は、独立系のアイフルや武富士に対し、メガバンク傘下の強みとして、銀行主導の支援体制を一刻も早く確立する狙いがあります。

メガバンク傘下のキャッシングは、非常にユーザーからも認知度も高く、安心感がありますので、他の消費者金融に比べると、キャッシングサービス体制の構築は大変有利となります。

特に、借入返済の利便性やネットワークは、圧倒的ですので、ぜひ、初めてキャッシングをされる方には、プロミスは最適な消費者金融となります。

金利体制も、早くから上限金利の18%以下でサービスを開始しており、7.9%~17.8%の金利で融資可能です。

また、初回30日間無利息キャンペーン中ですので、お得にキャッシング利用をできるチャンスです。

今後のプロミスのキャッシングサービス体制にさらなる期待が持てます。

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
消費者金融最大手のプロミスは9日、筆頭株主である三井住友銀行から迎えた久保健副社長(55)を、11月1日付で社長に昇格させる人事を正式に発表しました。

創業家一族である神内博喜社長(55)は、代表権のない会長に退く予定です。

消費者金融業界は、利息返還請求の急増と規制強化で事業環境が大幅に悪化しており、プロミスは三井住友銀との連携強化で生き残りを図る狙いです。

久保氏は、三井住友銀行で個人部門を中心に歩み、2007年にプロミス副社長に就任した経緯があります。

一方、神内氏は創業者の甥にあたり、1999年から社長を務めていました。

ここ最近では、消費者金融大手アイフルが、私的整理に着手するなど、経営の大幅悪化が露呈されましたが、プロミスとの決定的な違いが、銀行などの金融機関に属していないということです。

アイフルのような、独自で資金繰りをする消費者金融を、独立系消費者金融と呼びます。

現在のキャッシング業界では、特にアイフルや武富士を筆頭とした独立系消費者金融が、大幅な経営悪化に陥っている状況です。

一方、プロミスやアコムなどは、大手銀行グループに属しており、銀行の強力な資金力をバックに、安定したキャッシングサービス供給できる強みがあります。

プロミスの今回の動きは、さらに独立系消費者金融に対して差をつける徹底抗戦と言えるでしょう。

プロミスは、現在、中川翔子さんをキャラクターに使用し、安定した広告活動もあり、認知度は抜群です。

三井住友銀行グループの強みを生かし、低金利やキャッシングキャンペーンもかなり魅力的です。

さらに、プロミスは、ビジネスマンだけではなく、パート・アルバイトなど、幅広い職業の方にも対応しており、サービス体制がしっかりしているのも特徴です。

特に、初めてのキャッシングの利用を考えている方でしたら、やはり安心な銀行グループの消費者金融と言えます。

借入返済も、ネットバンキングの充実はもちろん、近くのコンビニでも気軽に利用できるので、このような利便性ネットワークも抜群なのもプロミスの特徴と言えます。



検索フォーム
融資できる方向へ対応
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。